スキルなしから効率よくノマドワーカーとして経験を積むには

在宅ワークが続くと、このままノマドワーカーとして人生を歩みなおそうかな・・と考えることもあるのではないでしょうか。

 

しかし、未経験、スキルなしからノマドワーカーになるにはどうすればいいのかわからないという悩みが出てくるはずです。

 

その状況で毎日が過ぎていくのも時間が勿体ないと思いますので、ここ10年で引っ越し18回、ホテル生活をしてきたようなノマド生活をやってきた経験から、一度まとめてみようと思います。

1年で100万円ほどホテルに使います

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーとは、拠点を決めずに転々としながら好きな時間に仕事をするという自由感満載の働き方をする人の事です。

フリーランスや、個人事業主、テレワークと何が違うの?と個人的にも感じましたので、調べてみました。

フリーランス

フリーランスは、自身のスキルを商品サービスにし、提供する働き方です。

クラウドソーシングで仕事を受けたり、企業から業務を委託していただくなど、発注者が別にいるという臨時的要員のような仕事をすることがメインと言えるでしょう。

個人事業主

個人事業主は、名前の通り「事業主」です。

事業を個人で持っている場合、個人事業主となりますが、幅が広いため「ライティングを行います」のような請負の事業をしているか、元請けとなれるように営業まで行うかによっても、事業内容は変わります。

テレワーク

テレワークに関しては、会社に所属しながらインタネット利用を通して遠隔で仕事を行う事です。

ノマドワーカーとしての職種は?

このように書いていくと、ノマドワーカーって何するの?仕事はどうやって獲得するの?ということが気になります。

個人的には、「PMF」(プロダクトマーケットフィット)で仕事を作りながら転々とするのですが、【ノマドワーカーとしての代表的な職種】についても調べてみました。

  1. webライター
  2. デザイナー
  3. 動画編集
  4. マイメディアの運営(ブログ、SNS)による広告費
  5. アフィリエイター
  6. webコンテンツ作成業
  7. コンサル業

共通している大きな特徴としては、インターネットを介して仕事をしている点です。

やり方によっては、中国輸入も、発送関係を他社に依頼することで、物販も可能になるでしょう。

気になるノマドワーカーの年収は?

これに関しては、下限も上限もありません。

ただ言えることは、「支出を下げて収入を上げる」ことが大事です。

支出を下げれば下げるほど、収入のハードルが下がり自由が近づきます。

収入が余る環境を作って、余ったお金を運用して不労収入が固定費を超えてくるあたりが自由への入り口です。

ノマドワーカーは、感性豊かに、どんな環境でも楽しめる精神が必要と言えるでしょう。

スキルなしでノマドワーカーになるには

「スキルがない」というのは実は武器になる可能性があります。

「スキルがない」と思えることがスキルだったりします。

 

どういうことかというと、例えば動画編集するスキルがないという場合、スキルがある人に依頼をすればいいことがわかります。

 

「依頼をしたら収入が得れないじゃないか!」

と思うかもしれません。

 

しかし、動画を編集したいという人を探すことはどうにかできそうです。

 

例えば、「副業でYoutubeを行っている人」に向けて声をかけてみるとか、企業チャンネルで動画の編集が少し下手なものを見つけて、その企業にメールを送ってみるのです。

 

1本「5000円でお願いします!」とお願いされたら、あとは1本3000円くらいでスキルのあるフリーランサーに依頼をかけて、自分からクライアントに納品するのです。

 

納品したタイミングで、ホームページはしっかり運用できていますか?と声をかけると、今度はホームページ作成の依頼が来ることだってあります。

 

そしたら、またフリーランサーを見つけます。

 

このように行えば、スキルなしでも仕事になります。

 

例えば「ライティングスキルがある!」と言っても、その分野でランキングをつけると上位にいくことはとても難しいはずです。

 

なので、「スキルがない」といい意味で諦めている方が、自分でやるよりスキルの高い仕事を納品することが可能だったりするのです。

 

賢くノマドワーカーになるためには(補足)

スキルを高めあう層は、実は部品の開発が進んでいて、使う値段が下がるという意味を含んでいます。

一人だけスキルが高い人物がいると、その人を使うのは経費が掛かります。

しかし、全体的にスキルが上がると、一人当たりの単価は下がっていきます。

 

つまり、高いスキルを安く仕入れることができるという視点で仕事をすると、とても都合がいいのです。

 

スキルなしでノマドワーカーとして年収を上げていく為に大切なことは、

  1. 誰が何を欲しているか?を見つける事
  2. 低い支出におさえて収入を上げる事
  3. 安く仕入れること
  4. 売った後に何が売れるかを考える事
  5. 2歩先を意識すること

かと思います。

すると結果として現金が余っていきます。

 

ポイントは「稼げた」ではなく「余った」となる感覚です。

余り続ければお金は溜まります。

下請けをしていて、フリーランスとかノマドワーカーと名乗るのは、無理を言われたり、クライアント都合で切られたりしてしまいます。

 

ノマドワーカーになり、自由を手にするためには上記の事を気にかけながら立ち回ると効率よく働いていけるでしょう。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。
おすすめの記事