独立を教えるものが依存させるという矛盾

こんばんは

YouTubeを見ていると、ハゲている講師の講演の広告が流れました。

YouTube講演家とか言って人をリアルで集めて塾とか開きまくりです。

ひと昔のネオヒルズのコンサルとやっていることは同じです。

具体性はなく宗教のようなものなので、信者は増える一方のようです。

そこで、そもそも「独立する人」「独立させる人」はどんな人なのか?を書いてみたいと思います。

朝のフレッシュな記事とは違って、今回はグサッと書いていこうと思います。

独立を促すものが依存をさせたがる事に対して、そこには独立の答えがない事をズバッと書いていきたいので、この記事はパスワード保護しておきますので興味のある方は是非読み進めてください

ブログ会員になりませんか?

以下のリンクから、クリエイトブログ無料会員PASSを取得し、完全版をお読みください。

パスワードをかけた記事を読めるだけではなく特典も受けることができます。

続きを見るには、パスワードを入力してください。
当ブログの会員になるか、もしくは管理者にパスワードを教えてもらい、パスワードを入力することで閲覧可能になります。
電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。
おすすめの記事