時間がかかる癖を治す!時間の概念を変えて時間を獲得していく方法

「何事も時間がかかってしまう」

そんなお悩みはありませんか?

 

今回は、そんなお悩みを軽くするように、時間の概念から変えてしまおうという記事となっております。

ぜひご覧ください!

 

未来に向かっているという錯覚を辞める

行動する際は、目標を立てて、それに向かって計画を立てて、今日することを決めて、今を頑張るというスタイルで動いてしまいがちです。

 

こちらで考えると、いつになったらたどり着くんだろう・・と考えてしまいます。

 

この上の図は本当に正しいのだろうか?と考えてみました。

以下の図が正しいのではないか?とおもったのです。

 

 

自分で足を動かして登るのではなく、理想に上がってきてもらうのです。

すると、自然と何かをしないといけないことが分かります。

 

わからないなら学ぶ、ビジネスで求めている反応がないとしたら、なぜないか?を考える、考えてだめなら聞く、、、そのように、何かを望むことで自然と未来から指令が来ます

 

これに対して集中して、すべてで受け入れて、やるべきことを書きだします。

それをやれば気がつけば理想にいるのです。

 

時間がかかるのは、理想がイメージ出来ていないから

 

任天堂スイッチで遊んでいる自分が想像できたら、任天堂スイッチのウェブサイトをみたり、Youtubeを見たり、チラシが目に入ってくるはずです。

 

しかし、任天堂スイッチにあまり興味がなく、遊んでいる姿が浮かばない場合は、購入まで永遠に時間はかかるはずです。

「いつかは買うかな・・」と思っていませんか?

 

つまり、時間がかかるというのは、

■理想的な姿を想像出来ていない

■理想的な姿を信じることができない

■今現在が理想であると思っている

のどれかです。

 

未来を信じれるくらい学べるか?

 

望む未来があると言うことは、「今よりも知識レベルは上がっている」必要があります。

なぜなら、「今知らない何か」があるから、あと少し上の生活にいけないのです。

 

この「今知らない何か」がわかるためには、しっかりと理想をイメージしなければなりません。

 

この記事は2017年12月16日に書いたものですが、2021年12月25日リライトしています。

 

僕の場合、「2017年当時、個人事業のレベルでウェブのことは勉強して実績は出したものの、大きな企業でウェブマーケティングをしたことがないと、ウェブマーケティングを語れないだろうな」と思っていました。

 

 

 

 

先に理想に立ってしまえば、何をすればいいか?すぐに答えは出ます。

あとは、その浮かんでくる行動に向かって「まじで速攻で動く」のです。

 

ここをモタモタする人間が9割なので、絶対に1割に入らないといけません。

 

この場面で「勉強」したら絶対に上手くいかないと断言します!

「動きながら勉強」です!

そうでないと、意味のない時間が永遠というレベルで消えます

 

 

もちろん、こう言うことを喋る僕は、大手企業のウェブプロモーションに関わる仕事を半年間業務委託で行い、スキルをブラッシュアップさせました。

 

結果的に、僕は、個人から大企業までウェブマーケティングに関われる可能性を手に入れたのです。

なので、今、完全に仕事のスタイルを選べる状態になりました。

 

時間がかかるではなく、時間は買ってでも作る

 

これもよく聞く話ですよね。

一つ理想がどんどん近づくテクニックを書いていきます。

 

ここからは、あまりみられたくないことを書きますので、ブログ会員限定の記事にします。

 

リアルに人生を変えたい場合は、絶対に読んだほうがいいので、公式ライン登録して続きを読んでみてください!

僕は、多くの経営者から、この話を聞いて、どうやって行動するか?が見えるようになりました。

続きを見るには、パスワードを入力してください。
当ブログの会員になるか、もしくは管理者にパスワードを教えてもらい、パスワードを入力することで閲覧可能になります。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。