目先の選択肢から考えると迷う!シンプルな迷路理論

「人生なにしていいかわからない」という悩みを持ちながら毎日を過ごしていくことはとても大変です。

目先にあるのは常に「出口のない多くの選択肢

今この瞬間、どれを選んでもいいというくらい今の時代は選択肢が多く用意されています。

だからこそ迷うし攻略方法が必要なのです。

なぜ迷うか?を考えた結果

なぜ迷うのかな

迷う割にはなぜゴールに着けないのかな

と考えたことがありました。

すると閃いたのです

「あ!迷路じゃん!」

早速画像を見てみました。

IMG_0331.jpeg

これは迷うな

と思ったと同時に、ゴールがない選択肢を選んでいるのでは?

と気付いたのです。

漠然と情報を手にすると迷う

迷路でいうと、こういう状況になってしまいます。

つまり、迷ってなにをしていいかわからないということは、我々がいけないのではないのです。

迷う理由の二つを攻略すればいいのです。

(1)ゴールがない

(2)ゴールにつかない入り口を見てしまった

すごくシンプルな法則です。

ゴールに線を引っ張るには

迷路で入口から出口まで線を一発で書く方法は、「ゴールから書く」です。

つまり、選択肢を眺めてから考えて選ぶのではなく、ゴールから線を引っ張ってきて、その番号を選ぶだけでいいのです。

迷路をシンプル化させるテクニック

ゴールから入り口まで線を引くにしても、迷路が複雑だと、線を引くのも大変です。

なので、迷路の経路を簡単にする事が重要です。

IMG_0333.jpeg

この迷路だと選択肢で選ぶことに迷わないはずです。

この方法も簡単です。

「調べる」「勉強する」です。

はぁ?めんどくさいだろ!

と言いたいのはわかりますが、迷路で迷うほうが大変で、労力がかかり、疲労困憊して自信をなくします。さらにそこにつけ込まれ、迷わさせる危険性もあります

迷路と同様に全ては、楽をして自信も手に入れるためです。 

その為の5ステップを書いていきます。

人生に迷わないための5ステップ

ステップ1 ゴールを決めます。

ステップ2 そこにいくまでの迷路を書いてみます。(初期段階ではこのようになっているはずです)

ステップ3 入り口をピックアップします。(ぼんやりとしているはずです)

ステップ4 迷路を簡単に書き換えます。(いらない情報を見ない。ゴールにいく方法を調べる。)

ステップ5 入口から入ります。

ここで初めて迷路を攻略する入口が分かります。入口から見ても分かりません。

それでも迷ったら、必ずステップ1からやり直します。

間違えても入り口を闇雲に変えることはしてはいけません。 入口は出口が見えた時に入るのです。

仮に適当な選択でゴールしても、選択肢から選ぶ癖がついてしまうと、必ず迷う時が来てしまいます。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。
おすすめの記事