風の時代に「惑わされない」為に

「風の時代」に突入したらしいですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

もしも、あなたが何も変わっていないどころか、暇になり、やる気もなくなってしまっているのであれば、「風の時代」というものをアテにしてしまっている可能性があります。

 

今回は、風の時代に惑わされずに自分の人生をしっかり作る為に必要な事を書いてみたいと思います。

風の時代とはいっても、卵焼きは焼くから完成する。

「風の時代」と聞いて、何もしないで瞑想ばかりしている人を想像してみてください。

 

頭では卵焼きを想像しています。

 

そして、想像の中で目玉焼きを食べています。

 

この次の瞬間に、YouTubeやネットフリックス、スマホゲームをしたとしたら、本当に卵焼きを食べることは出来るでしょうか?

 

この当たり前な事すら見えなくなっているのであれば、「風の時代」という言葉を忘れなければいけません。

「何もしないでうまくいく」と信じさせる側になれば儲かる

「風の時代」と喋っている人に対して、聞く人は集まるので、結果的に喋ってる側だけが儲かります。

 

身の回りにいる人で、「ただ勢いよく自由気ままに喋ってるだけ」で100万円以上稼いでいる人がいます。

 

僕には理解ができないですが、「聞いていて元気が出る」という理由で視聴者は課金をしているようです。

「風の時代」は、思考停止の大衆を動かすチャンス

活字が読めない。

本を読まない。

有名人の情報を追っている。

暴露系を見ている。

裏垢で他人のSNSをこっそり見ている。

 

こういう状態である大衆に向かって、稼ぐ側は仕掛けています。

 

むしろ、大衆を考えさせない為に「風の時代」を信じ込ませて、時間とお金を考えさせずに浪費させていると思った方が吉です。

 

この文章を見ているのであれば、風の時代をうまく使う側にならないといけません。

そうすると勝てます。

風の時代に大衆は何を考えているか?を考えて、仕掛ける。

卵焼きの話に戻りますが、卵焼きは焼くから完成します。

 

「焼いた人だけが卵焼きを食べれる」ということは事実なので、全てにおいて現実化するには手を動かすことは必要です。

 

この手を動かすことが面倒くさい人に対して、「チンするだけで卵焼き」みたいなものを売るのです。

 

そして、卵焼きを作れなくなるくらいに依存してもらい、ターゲットの能力値を下げてしまえば、永遠に売れます

 

つまり、風の時代を信じて努力をやめる側は、学ばなくてもいいし、何もしない方が都合が仕掛ける側にとっては都合がいいのです。

 

「風の時代を信じてもらい、能力値を下げてお客にする」

(能力値が下がると自信もなくなるので、さらに自己啓発に溺れていきます)

 

仕掛ける側としては、この戦術でやってみるといいと思います。

 

仮に、自分は仕掛けられる側そうだなと焦りを感じたら、公式ラインにて仕掛ける側として何をしてるか?リアルタイムでおこなっている事を共有していきますので、登録しておいてください。

 

▶︎公式ライン

https://lin.ee/51UwNtt

公式ラインについて