自己啓発と仕事の関係性からキャリアアップを目指す

「自己啓発本を見ても、意味がない」

「自己啓発を学んでも何も変わらない」

 

そのように落ち込む前にごらんください!

 

自己啓発という文字をしっかりみて、まずは言葉をしっかりと考えてみましょう。

 

自己→自分

啓発→新たな知識を与えて人を教え導くこと

 

ここまで読むだけでも、深掘りしていけそうです。

それでは、自己啓発という4文字から深掘りしていきます。

自己啓発の前に、「新たな知識」とは何か?を考える。

おそらく一番、ひっかかる部分はこの部分かと思われます。

そこで、もう一つ必要な考え方があります。

 

そう、「知識は使うもの」です。

 

壁の向こう側に行きたい時に、「知識の壁」が現れます。

この知識を得て、超えていく行為こそが、自己啓発です。

 

つまり、自己啓発は仕事と親密な関係をもつと言えるでしょう。

自己啓発は、自分一人でできる仕事とも言える

「自己啓発を学んでも意味がない」というのは、早速問題が出ています。

意味がないというのは、具体的に「何に対して意味がない」と言っているか?を考えなければいけません。

この課題解決が自分でできないと、また自己啓発を聞いてしまうことになります。

これによって「カルマがめぐる」という現象を引き寄せてしまいます。

 

この現象を客観的に見えるようになると、仕事ができる人物に1つだけ近づくことができます。

 

まずは、これに気がつくことができると、「自己啓発」を聞くことはなくなります。

そして、必要な知識を学び、自分に教えてみてください。

 

それによって、誰かの話を聞いているより、はるかに自分のためになっていることに気がつくことでしょう。

問題解決能力が低下している時に、自己啓発に埋もれてしまう

ここまでの内容を見てみると、「問題を見つける力」が最初に身に着けるべきスキルということがわかるはずです。

今現在、自分はどういう理想を手に入れたいのか?その理想を手に入れるには、何が必要なのか?

 

これらを明確にしていくことで、キャリアアップを目指すことができることでしょう。

 

公式ラインについて