自己啓発ブログはうざいと分かっていながら投稿する理由を書いてみます

「自己啓発」って正直うざくないですか?

僕自身も自己啓発系の内容は、読んだり聴いたりしても、何も変化はないと思っております。

 

「じゃあ、なぜ書くか?」ということにも

理由がもちろんありますので、今回は手短に書いてみたいと思います。

 

色々な自己啓発の文章が世の中に存在しています。

「またこういう奴か・・・」そうなる気持ちもわかります。

 

「だから書いているのかぁ!」・・・となるかは分かりませんが、自己啓発を書く理由をメリット含め書いていきます。

自分の頭の整理のために書く

「自分の頭の整理」です

 

例えば、筆箱に文房具が散らかっていたとしたら、一度取り出して筆箱を整理しませんか?

頭の中の情報というものも散らかっていたら、うまく引き出せなくなります。

 

しっかりとインプットしたものはアウトプットして整理します。

 

何かを勉強したら、アウトプットすることで初めて効果があるのです。

 

「わかる」の度合いは、

1、知ってる

2、できる

3、説明できる

 

です。

2、できるを達成するには、知っていることを説明することで、実際にできるようになるという場合も多いのです。

 

理由の1つ目は、自己啓発も同じで、脳を整理し、自分自身を啓発しているのです。

 

入力に対する出力として

「入力があったら出力があるというのが自然なため」です

ものごとの動作というものは、入力と出力があります。

インプットしたものをどこかにアウトプットするから、何かが点灯するのです。

機械でも同じですよね。

 

電池があっても出力先がないと、何も動かないですし、

何かを動かすためにインプットしないと、それはインプットとはいえません。

 

「情報をインプットしているだけで放置していませんか?」

情報が行き止まりになるとそこで流れは止まります。

情報は「時限爆弾」と思って、どんどん手放して次に渡していきましょう笑

 

理由の2つ目は、インプットしたらには、アウトプットするということです。

 

自己啓発を習得して得するため

「成功者の仲間入りになるため」です

 

正直、あきらかにずる賢く立ち回れている時はわかります。

 

自己啓発の言葉が、誰が言っても似ているというのは、全員、成功の共通事項を見つけているからです。

なので、見つけた人から順番に、道は開けるのです。

それを「うざい」とか言ってしまうと、その扉からも離れてしまいます。

 

イメージとしては、成功の扉に並べるはずなのに、自分から離脱するイメージです。

 

なので、自己啓発を自分に染み込ませながら、行動して、扉を突破していくのです。

 

そうすることで、自己啓発の内容を自分の中から取り出せるようになるのです。

自己啓発を極めても一人では生きれない

どんだけ自己啓発を知っていても、人間として生きている以上、人間関係を構築する以上に成功する方法はありません。 当たり前ですよね笑

 

常に未熟な部分が見出せるからこそ、成長もできるし、成長の過程に出会う人がさらに大切なのです。

 

成長させたいという執念があるから、行動や勉強を日々行っております。

 

発信する目的というのは、「すごいだろ」という意味ではなく、多くのチャレンジと失敗、そして学びをミックスさせた情報を発信しているということです。

 

「人を変えることができない」というシンプルな自己啓発の法則を知っているはずなのに、人を変えてあげようとか思って書く人物はいるわけがありません。

 

自己啓発は常に自己を啓発するものだと思っています。

読むだけなのか、説明できるまで読んで理解するか?の違いです。

 

少なくとも、僕は人を変えることはできませんし、きっかけは与えるかもしれませんが、変える気はありません。

 

自分自身が変わりたい部分を変えれば、寄ってくる人物も変わるのです。

自己啓発を書く理由のまとめ

人間というものは、放っておくと、苦労な方向にいってしまう生き物だと思っています。

そこを自分で自己を啓発することで、充実した生活を目指すというイメージです。

 

自己啓発を取り入れて、自分の中でどのように解釈されているか?というものを確かめるという意味でも、自身でSNSやブログを通して発信してみてもいいとおもいます。

 

本を読んで終わり、いい話を聞いて終わり・・だと自分の中で話を止めてしまっています。

本は誰かが書いて、あなたが買ったから売れたのです。

 

著者は情報を世に発信しないことだってできたわけですよね?

それなのになぜ書いているのか?ということです。

 

しっかり自分の言葉で世の中に出すことで、

世に情報の貯金をしていけるのです。

 

自己啓発をうざいと思うのは読み手だけであり、自己啓発を取り込むために発信している側は、メリットだらけなのです。

 

ぜひ何か書いて発信してみてください。

あなた自身の「お客さん」が付くことも体感できるでしょう。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。
おすすめの記事