自分が変わらなければ変われないという現象を一部始終、お見せします。

デロンギでカフェオレを作り、仕事開始!のような毎日を送っています。

 

「散らかす人はなにしても散らかすのか・・・・」

 

それでは書いていきます。

変われない人は変わらない→散らかす人は散らかす

住んでいる場所のポストの下にゴミが散乱していました。

そこに、ごみ箱を設置したと以前ブログでかきました。

このゴミ箱の中身がそのまま外に散らかっていました。

なので、このようにゴミ箱を置いたのです。

 

しかし、それでも見ての通り、袋の中にすら入れることができない人がいたのです。

 

しかし、ここで、僕は

 

「いや、小さいゴミ箱をおいた僕が間違いだった」

 

ということで、ちゃんとしたゴミ箱を3000円程度出してアマゾンで買い、再び設置しました。

 

すると、確かに写真のように散らからなくなったので、

「やっぱゴミ箱が小さかったんだな」

と納得して、一件落着だと思っていたのです。

 

・・・・しかし

 

昨日、ポストの下を見ると・・・・

 

・・・・は?

 

 

「散らかす人はなにをしても散らかす」

「救いようがない」

「問題はその人の中にある」

・・・ということです。

 

そして、

綺麗に過ごせないのは、「ごみ箱がないからではなく、きれいにする意識がないから」ということです。

 

よく考えたら、そうでした。

 

もてないのも、「出会いがないからではなく、もてる意識がないから」

お金がないのも「ノウハウがないからではなく、稼ぐ意識がないから」

時間が作れないのも「会社、友人との予定があるからではなく、時間を作る意識がないから」

・・・・・・すべてにあてはまります。

 

僕はこれを完全に確認しました。

 

なので、自分が「〇〇できない」という場面に出くわしたとき、「〇〇する意識がないのかな」というところから入るようにしています。

 

「欲を達成する意識」を自分の中で再確認してみましょう。

 

今回の記事を読めば、「不平不満」を言った時点で「意味がない」「達成できない」ということが分かるはずです。

経験値を積むためには、外的要因では変われない

僕は、同じ場所に住む人すべて、オートロックを越えた段階から快適に過ごせないか?という気持ちでやっているのに、何をしても散らかるのを見て、本当に悲しくなります。

 

じゃあ「なんでこんなことになるのか?」ということを考えてみました。

 

「ばれなければいいや」とか「だれもみてないし」とか、

 

〇人が見えないところで自分を律せないこと

〇物事を受け取れないこと

〇愛がないこと

 

が散らかる理由ではないでしょうか。

 

僕は、こういう光景を見ているので、

 

お金がないから、ブランド物がないから、エステとか美容室にいっていないから、コース料理のようなきれいなご飯を食べていないから、とかそういうこと以外に問題があるということを認めています。

 

この経験のおかげで、問題は自分の中にある。というマインドを確信しています。

こんな感じですよね。

土台がない人ほど、強がってみたり、偉そうにしていたり、自己正当力がつよかったり・・・

 

経験値を高めていく前に、まずは基本から変わりましょう。

「普通を極める」をサイト内で配っているので、読んでみてください!

 

また、公式ラインでは、「経験値を積んでいくための自己形成」について情報を提供しています。

ぜひ、一度公式ラインを覗いてみてください。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。