アイデンティティの意味とは?承認欲求と老化の関係性について

ビジネスを行っていると、「死」というものを様々な角度から考えることがあります。

 

生命的な「死」というものと、ビジネス的な「死」というものです。

 

ビジネスにおいても、いつしか「死」を迎えます。

 

ビジネスを継続させていくために、「死」への理解を深めることは、極めて重要だと考えております。

 

どうやって息をするか?というノウハウのようなものも大事ですが、

なぜ息が止まるか?ということも知っておく必要があります。

 

今回は、、なぜ衰えて死んでしまうのか?ということについて触れ、どのように向き合っていけばいいのか?ということを書いてみようと思います。

アイデンティティの欠如が最も危険!?

最近、肉体的な「老化」についての学習をしております。

 

ハーバードの研究員が老化についての内容ですが、「老化」というものは、「老化遺伝子」のようなものが増えることによって、引き起こされるものではないとのことです。

老化に至るまでのプロセスがまとめてありました。

 

そこで、「病気」の1つ前のプロセスで【アイデンティティの喪失】というものが記載されていました。

つまり、「自分とは何者なのか?」が分からなくなると老けるというのです。

承認欲求とアイデンティティの関係

承認欲求というものを、うまく使うと

アイデンティティの確立と若々しさを保つことができるということになります。

 

ビジネスにおいても、個人においても、同じことが言えます。

 

病気になって死なないためには、アイデンティティを喪失してはいけないということになります。

 

つまり、承認欲求を失うと老化につながってしまう恐れがあるということです。

(承認欲求:第三者に存在を認知してもらいたいという欲)

アイデンティティを満たす行動をしないといけない

つまり、若々しく生きるということは、「何もしないで体を酸化させない」「ストレスを与えない」という視点ではなく、「アイデンティティを満たす」というポイントも含む必要がありそうです。

 

これらを全てカバーする最強な方法は、

【ストレスフリーで、体を酸化させず、承認欲求も満たせる】

ということに向かっていけば、アイデンティティを満たしつつ健康な精神を維持できていくことでしょう。

極論は生命の本能は「老化」に逆らい延命することを求めている?

ここからは、持論でまとめます。

生命は、「長生きすること」を無意識に遺伝子に組み込まれているものだと考えております。

 

働き方を1歩間違えると、老化、そして病気に直結的に結びつく要因を抱えることになります。

・ストレスがある

・暴飲暴食で体が酸化する

・アイデンティティの喪失

上記3つの要因の中で、「アイデンティティの」だけ落とさなければ、その他の要因をカバーでき、老化という病を遠ざけることができるはずです。

 

ここから先の未来における、最重要指標は「アイデンティティの構築」かもしれません。

電子書籍をプレゼント
すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
普通を極める
ふつうから極まる
特別な何かになろうと、行動を繰り返すも空回り・・・そしてどんどん普通の人間になってしまう・・このような現象を多く確認してきました。
そこで、反対に「普通」を極めることを意識的に行っていくと、自然と景色は特殊なものに変わっていったのです。
特別な誰かになることを意識することよりも、普通を極めることで特別な一人になれるとしたら、こちらのアプローチのほうが楽ではないでしょうか。
おすすめの記事